二子玉川イチロー歯科ブログ 歯茎再生と審美歯科

歯茎が退縮して歯が長くなってしまうと、審美的ではなくなります.

歯茎が退縮したままセラミックなどの審美歯科治療を行っても長い歯の形の悪いセラミックとなってしまいます.

 

こういった時は、歯茎の再生を行ってから審美歯科治療を行います.

 

そうすることによって、歯を標準的な長さにすることができます.歯茎再生と審美歯科は同時に行う必要があります。